でも、FX

ぐっさんの市場記録ノート

【FX入門】FXとは?(第1回)

FXとは?

FXとは簡単に言うと、
ある国とある国の通貨を交換する取引、
「外国為替取引」のことです。
ちなみに英語の「Foreign Exchange」を略してFX。

ご存知のとおり多くの国が変動相場制をとっていますが、
その通貨の価格変動を利用して、為替取引の差益を得ます。

例えば、1ドル100円の時に100ドルを10,000円で買ったとして、
その後、価格変動で1ドル110円になったとします。
そこで手持ちの100ドルを円に交換すると11,000円になり、
1,000円の差益が得られるという訳です。
海外旅行によく行かれる方はイメージしやすいですよね。

1,000円の差益

でも、10円もの変動なんてそうそうないし、
そもそも、資金がないと大した利益にならないんじゃ?
と思われたかもしれませんが、
そこで、FXの魅力のひとつ「レバレッジ」という仕組みを利用できます。

「レバレッジ」とは、少ない手持ち資金で何倍もの取引が出来る仕組みの事。
日本の場合、個人でレバレッジ25倍までという規制がありますが、
資金100円で25倍の2,500円分までの取引が可能になります。
(実際には大抵の会社が1,000通貨〜1万通貨単位の取引から扱っていますので
100円では証拠金が不足して出来ません。
(条件によっては1通貨単位で可能ですが・・・))

例えば、1ドル100円の場合、普通に1,000ドル買うには100,000円の資金が必要な所を、
FXのレバレッジ(25倍)を利用すると、1/25の資金4,000円で買えてしまいます。

レバレッジ説明図

これにより、4,000円の資金でも1,000通貨の取引が可能になり
1ドル100円が110円になった場合、
1,000ドル100,000円が110,000円になる為、
10,000円の利益を出すことが可能になるのです。

10,000円の利益

要するに
レバレッジが使えない場合、4,000円の資金では、
1ドル100円で40ドルしか買えず、
1ドル110円になっても4,400円で400円の差益しかありませんが、
レバレッジ(25倍)を使うと、
10,000円の差益を生み出せると言うことですね。

しかし、ここで一番重要なことは、
裏を返せばそれが大きなリスクにもなると言うことです。
当たり前ですが前述の場合、
自分の思惑と逆の1ドル90円になれば1万円の損失です。

儲けばかりを考えて、同レバで資金を10倍の40,000円に増やせば、
利益も10倍の10万円で大儲け!なんて考えてしまいがちですが、
増やした分、その逆の損失リスクも大きくなることを忘れないで下さい。

↓証拠金がいくら必要か計算できます。
転換価格に現在のレート、そして取引単位を入力し、証拠金率でレバレッジを選びます。

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能されたマージン計算器。

【第1回】FXとは? 【第2回】売値?買値? 【第3回】ドル円を売るって? 【第4回】ローソク足の見方 【第5回】注文決済の種類 【第6回】通貨ペアについて 【第7回】FXの取引時間帯について

※リアルトレードの前に、デモトレードをおすすめします。

FXは低レバで。Have a nice trade! よいトレードを!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ