でも、FX

ぐっさんの市場記録ノート

【FX書籍】生き残りのディーリング

生き残りのディーリング

実践 生き残りのディーリング (現代の錬金術師シリーズ)

FX会社や業界で実務経験がない個人投資家は
ある程度の経験を積んでも、プロのディーリングルームで何が行われているか、
想像するのはなかなか難しいと思います。
私もFXをはじめた頃は、プロディーラーのお話やメディアなどから情報を得て
大体の想像はできても、実際に相場の裏では何が行われているのか?
いまいちピンとくるものがなく漠然としたものでした。

そんな時に、この本を読んで、疑問や不明瞭だったイメージがハッキリしたのを覚えています。

価格変動のメカニズム、需給のメカニズム、
投機筋と投資筋、一般トレーダーの動き、
そして、市場心理からトレーダーとしての心得まで、
相場の謎を解き明かす教示や教訓が沢山詰まっています。

まさしく、相場の疑問解決の宝箱や〜(by彦麻呂)

あまり上手に言うことが出来ませんでしたが、
本書は、大きくテーマ別で5章に分かれており、
その中に、細かく100項目の見出しが付けられています。
ブログで言うと、とても有益なコンテンツが100記事もある感じで
後で読み返す時にも、使い勝手がよく重宝するのではないでしょうか。
まさしく宝箱のように頁を開くのが楽しみになるような本だと思います。

もちろん、これまでご紹介した本の中にも、
上記のような内容に触れた本がなかった訳ではありませんが、
原作者が日本人なのはこの本だけです。
そのため、変な和訳に悩まされることもなく
著者の考えや解説がストレートに入ってくるため読みやすく分かりやすいです。
特に、初心者でなくとも、ページ下の脚注など細かい配慮も嬉しい点ですね。

そして、改めて読み返してみると、
こういうことを言っていたのか、と今だから理解できる部分や、新たな発見などもあり、
実際に多くのプロディーラーに愛読され続けているようです。

初心者から経験者まで、とにかくオススメしたくなる本。
今までご紹介した本の中から、一冊だけ選べと言われれば、
私は間違いなくこの本を選びます。

FXは低レバで。Have a nice trade! よいトレードを!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ