でも、FX

ぐっさんの市場記録ノート

【FX書籍】ゾーン

ゾーン

ゾーン — 相場心理学入門

う〜ん・・・。

これが読解力の乏しい私の素直な感想です。

心理分析の観点からメンタルの大切さを訴えた内容なのですが、
それ以上でもなく、それ以下でもない。
といった印象です。

確かにトレードにおいて、とても大切なことを訴えていることは分かります。
優位性や確率論、またはテクニカルなどに基づいたメンタルの重要性、
ルールが守れない、
損切を出来ずに苦しんでいる、
恐怖心からエントリーに躊躇してしまう、など
メンタル面に問題を抱えている方には
ぴったりと「ハマる」書になるのではないでしょうか。

しかしながら、
確かに心理分析やメンタルは大切ですが、当然それだけで勝てるようになるわけではありません。
大前提として、テクニカル分析を完璧にマスターしているけれど、
そのスキルを活かすことが出来ずにメンタルで苦しんでいる人向けであり、
テクニカルやFXの基本ができていない人が読んでも、あまり意味がないような気もします。

Amazonなどのレビューで高評価を見かけて、あまりにも褒めちぎってあるので購入して読んでみたのですが、
頭のわるい私には、そこまでの良さが分かりませんでした。
レビューをみても、1回読んだだけで、すんなりと理解できている方もあまりいないようで、
なかなか難解な本だと覚悟して読んだほうがいいでしょう。
私も、あと数十回読めば理解できるようになるかもしれません・・・。

まあ、他書と比べてメンタル面以外に特筆すべきような箇所もないので、メンタルに問題のない方には不要な書だと思います。

と、偉そうに書いておりますが、私は専業でもプロのディーラーでもありません。
ただのデモトレーダーです(笑)

記事を書くにあたりAmazonを見てみたら、続編の「最終章」が出ているようですね。

FXは低レバで。Have a nice trade! よいトレードを!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ